4月のピンクムーンとコロナワクチン約4千万回分の行方。 | ヒメとまいにち
スポンサーリンク

4月のピンクムーンとコロナワクチン約4千万回分の行方。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

4月のピンクムーン

昨日、4月27日は満月でしたね。

4月の満月はピンクムーンと呼ばれるそうです。

月の名称 満月

全国的に晴れ、とはならなかったようですが、

皆さん満月ご覧になりました?

ねぇやんち地方では、ちょっとうす曇り…。

残念なピンクムーンでした。

4月のピンクムーン

ちなみに各月の満月の呼び方。

1月: Wolf Moon/Old Moon(狼が空腹で遠吠えをする頃)
2月: Snow Moon/Hunger Moon(狩猟が困難になる頃)
3月: Worm Moon/Sap Moon(土から虫が顔を出す頃/メープル樹液が出る頃)
4月: Pink Moon(フロックス/Phlox というピンクの花が咲く頃)
5月: Flower Moon(花が咲く頃)
6月: Strawberry Moon(イチゴが熟す頃)
7月: Buck Moon(雄ジカの新しい枝角が出てくる頃)
8月: Sturgeon Moon(チョウザメが成熟し、漁を始める頃)
9月: Harvest Moon(収穫の頃)/Corn Moon(とうもろこしを採取する頃)
10月: Hunter’s Moon(狩猟を始める頃)
11月: Beaver Moon(毛皮にするビーバーを捕獲するための罠を仕掛ける頃)
12月: Cold Moon(冬の寒さが強まり、夜が長くなる頃)

もともとは、ネイティブアメリカンが使っていた月の呼び名で、

日本では2010年ころから、天気予報で使われ始めたそう。

なので日本の季節の感じとはちょびっとずれがありますねー。

毎月、満月の日には、この呼び名を思い出してくださいねー。

 

 

スポンサーリンク

コロナワクチンで気になること

足りない、足りない、輸入元がいろんな理由を付けて出し渋っているせいだ、

と言われてきた新型コロナワクチン。

欧州連合(EU)の新型コロナウイルスワクチン生産能力は

すでに世界の接種ペースに追いついており、

特に日本向けの出荷が多かったことが分かった。

EUは1月31日から4月19日までに

43カ国向けに1億3610万回分のワクチン輸出を許可した。

このうち約5230万回分がすでに日本に出荷されている。

次いで英国向けに1620万回分、

カナダ向けが1280万回分だった。

クリックで大きくなります。

コロナワクチン出荷量

さて、EUからは突出した数量が日本に向けて出荷されてるにもかかわらず、

日本での累計接種回数は4月22日までに約251万回。

累計数なので、二回接種済みの医療関係者の分は二回でカウントしてあります。

接種を受けた人は約208万人。

今週中に自治体に配られる分は201万7千回分。

5月9までにさらに468万回分。

タイムラグはあるのだろうけれど、

がち文系のわたしでもわかる、

約4000万回分はどこへ行った…。

医師と看護師が足りず、

歯科医師や保健師まで借り出すと言っているけれど、

昨日ワクチン接種が決まったわけじゃないのにね。

誰か説明してー。

 

 

スポンサーリンク

今日のヒメちー

ヒメは今、大絶賛いじめられています…。

猫 画像

いじめだなんて…。

なんか寒そうだったからリラをかけてあげただけなのに…。

猫 画像

ヒメは忘れませんからね…。

猫 画像

猫 画像

気持ちいいので、とりあえず寝ますけど…。

 

猫 画像

猫 画像

えー、わたし、いい事したよね?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました