猫ニュース・小樽の保護団体「ニャンともネットワーク北海道」の取り組み | ヒメとまいにち
スポンサーリンク

猫ニュース・小樽の保護団体「ニャンともネットワーク北海道」の取り組み

スポンサーリンク

「ニャンともネットワーク北海道」冬を越せない地域猫に寝場所を提供

ネットニュースを見ていたら

北海道小樽市での猫保護の取り組みのニュースがあった

ニャン友ねっとわーく北海道

動物のお医者さんに出てきた

野良ニワトリ小屋ならぬ野良ネコ小屋

動物のお医者さん 野良鶏

動物のお医者さんより

どなたかのご厚意で、外猫たちは寒さをしのげているけれど

この小屋に入れなかった子たちは

冬を越せないの?

荒川弘さんの漫画「百姓貴族」で

北海道の外猫の厳しい冬は知っていたつもりだったけど

現実はもっと厳しいんだ

百姓貴族 アメリカンロングヘアー

百姓貴族より

小樽では猫の一生は長くても一年無いってこと?

なんだか悲しい

外猫には外猫の運命と幸せがあって

人がお気軽に手を出すことは

自然の摂理には反してしまうのかもしれない

それでも一匹でも多くの猫が、助かってほしいと思う

甘いかな?

記事中にある「ニャンともネットワーク北海道」さんのホームページです

もちろん、他にも猫の譲渡活動をなさっている団体さんもありますが

ニュースに取り上げられたことで

より一層支援の輪が広がるといいな

スポンサーリンク

今日のヒメちー

ヒメは寒がりだから
寒い地方のお友達のこと考えると
悲しくなっちゃう

猫ブログ

猫ブログ

猫ブログ

とりあえず、出てきなさーい

えっ?

猫ブログ

打ちひしがれたヒメちーが入ってるのは

わたしの部屋に置かれた衣装ケース(空)

本当は邪魔だから片付けたいんだけど…

猫ブログ

暑いからエアコン入れてたら、こうですよ

衣装ケースの中に入って寒いアピール

まるでわたしがヒメちーの部屋を間借りしてるみたいじゃない

 

コメント

  1. 自然環境に手を出すべからず。
    なんてことを言いながら、人間の方はドンドン野生動物の住処に手を出してますもんね(*´ω`*)

    そっと手を差し伸べて、それを使うかどうかは猫たちの自由。
    僕も良い取り組みだなって思います(^^♪

  2. >>1えたばりゅさま
    なかには、「いや、俺保護なんてして欲しくないし。春?何それ美味しいの?」な猫もいるかもしれませんが、安心して猫が住める場所を狭くし、いるだけでいやだと言う方もいる以上、安心して冬を越せる場所を用意してあげるのも人の務めだと思うんです。
    えらそうなこと言っちゃった(^_^;)

タイトルとURLをコピーしました