横浜市はまスタでコロナ拡散実験実施 | ヒメとまいにち
スポンサーリンク

横浜市はまスタでコロナ拡散実験実施

 

スポンサーリンク

横浜市の横浜スタジアムでのコロナ拡散大規模実験

 

 横浜スタジアムでの実験概要

神奈川県の横浜市で、

新型コロナウイルスの拡散、対策実験が行われます

クリックでニュース全文が読めます

ハマスタ観客動員実験

朝日新聞デジタルより

実験は10月27日~11月1日の横浜ベイスターズの主催試合で、

観客に一定の周知をしたうえで行うことを想定している。

球場の定員約3万4千人。

8割程度から可能な限り満員に近い人数を入れたい考え。

県や市に加え、NECやLINE、ベイスターズを傘下に持つディー・エヌ・エーなども参加する予定。

高精細カメラを複数台置いて、球場内の人の動きや密度、

マスクの着用率などを把握。

スーパーコンピューター「富岳」でシミュレーションした結果と組み合わせて、

マスクを着用した状態で観客が大声を出したり、

飲食したりした場合に、唾液などのしぶき(飛沫)が

どの程度広がるのかなどを調べる。

厚生労働省の接触通知アプリ「COCOA(ココア)」や

普及率の高い「LINE」を活用し、

感染者が出た場合の濃厚接触者を素早く特定するほか、

興業主や保健所などとの連携体制も確認するとしている。

と言うのが報道内容。

 オリンピック開催への実験

神奈川県知事は、オリンピック開催への試金石として、

この実験を遂行するようだ。

ここのところ、スーパーコンピューター「富岳」での

各種マスクの飛沫実験データや、

会話での飛沫拡散実験データが多く報道されていたのは、

これの布石だったのね。

オリンピックをなんとしてでも開催したい、と言うのはわかる。

中止は例を見ないし、すでにたくさんの税金も投入されている。

ここ数十年、オリンピック開催は国の威厳をかけた

いわば力の見せつけ合いみたいな位置づけにもなってる。

オリンピックに向けて、これは安全ですよー、という確証も欲しいのかもね。

ただねー、20代普通のOLのわたしの頭でもわかる。

たとえ10人の集まりでも、罹患者が含まれていれば、ウイルスは拡散する。

1000人の集まりでも、罹患者が一人もいなければクラスターは起きないのよ。

これ、頭の良い大人たちはわかっているんだろうか。

この記事は昨日10/15日付の物。

一日経った10/16日、今日には、もうすでに問題視された記事も掲載されている。

クリックで記事全文が読めます

朝日新聞、はまスタでのコロナ拡散実験

朝日新聞デジタルより

もしも実験と言うのならば、実験参加者には

公共交通機関を使わずに、現地への行き帰りをし、

二週間程度の自宅待機をしてもらいたい。

だって実験なのだから。

コロナは撲滅なんてできないのかもしれない。

インフルエンザだって、他の伝染病だって、

長い事研究されているけれど、

未だに感染症として存在している。

だったら、どう共存していくか、

どの程度のイベントまでは開催出来るか、

どこからが危険区域かを見極めるのはとても大事。

だから、実験は必要なのだろう。

けれども実験なのだから、アフターケアは必要よね。

自分で申告しなければいけないCocoaに頼らないで、

その後の行動も追跡してほしい。

こういう記事を書いて、

「何もかも反対、とか言ってんじゃねえよ」と言うご意見もあるでしょうが、

よく読んでくださいね。反対はしていません。

GoToトラベルも、GoToイートも、今回の実験も、反対してはいません。

GoToトラベルだって、ある意味実験。

人が動く事で、同ウイルスが動くのかを見るためのものであると思います。

国民を使って、実験をするのであれば、きちんと実証してね。

たくさんの税金を投入しているのだから。

 

スポンサーリンク

今日のヒメちー

ねぇやんがブログに集中していたら…

伸びる猫

ねぇやんが忙しくしてる方が快適です

伸びる猫

伸びる猫

あー、ねむくなっちゃったー

伸びる猫

伸びる猫

伸びる猫

安心して、ヒメちー。

ブログ書き終わったらモフモフの刑よ。

このエントリーをはてなブックマークに追加  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました