スターシェフ大集合!「フランスパティスリーウィーク パリ・トーキョー」 | ヒメとまいにち
スポンサーリンク

スターシェフ大集合!「フランスパティスリーウィーク パリ・トーキョー」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「フランスパティスリーウィーク」

昨日、お使いに出て、

甘いものは買わなかったのか?とご質問をいただきましたが…。

 

もちろん買いましたとも。

昨日の記事はちょっとボリュームが出すぎちゃって書ききれなかったのよー。

 

   フランスパティスリーウィーク パリ・トーキョー

日本最大級のレストラン・イベント

「フランス レストラン ウィーク」の姉妹イベントとして、

2021年に誕生した「フランス パティスリーウィーク」

参加するお店すべてが、同じテーマのお菓子を一斉に提供する。

というパティスリーの祭典です。

フランス パティスリーウィーク

どこかで大きなイベントって言うのが出来ないからね、

参加店舗が、各テーマに沿ったスイーツを作り、

販売は自分の店舗で行うと言うもの。

ちなみに、2021年のテーマは、

フランスの伝統のお菓子パリ・ブレストにちなんだ「パリ・トーキョー」。

関東の52店舗のパティスリーが参加しています。

どれも美味しそう。

「フランス パティスリーウィーク

その中で、パティスリーカメリアは

東急フードショーに店舗が入ってるのでね、当然、これ狙い。

パリブレストノワゼットエラブル

「フランス パティスリーウィーク

「パリ・ブレスト」とは、フランスの伝統的な自転車ロードレース、
ツール・ド・フランスから生まれた菓子。
1891年に、パリとフランス西部のブルターニュ地方の街
ブレストとを往復するレースが開催されたことを記念して作られたという。
コースの沿道にあったパリ郊外の菓子店
「メゾン・ラフィット」の菓子職人ルイ・デュラン氏が、
自転車の車輪の形をヒントに考案。
リング状のシュー生地を横に切り分け、
アーモンドをキャラメリゼしてペースト状に挽いた「プラリネ」を加えた
バタークリームを間に挟むのがクラッシックなスタイルで、
生地にはアーモンドスライスや細かく刻んだダイスを振りかけて焼く。

 

伝統的なお菓子なのね、

正直シュークリームより豪華で好き。

パリブレストノワゼットエラブル

当然だけど、見本のようには切れない。

おーいーしーい。

なにこれ、キャラメル、甘い部分と、大人の苦さがある部分が同居してる。

ちょっと重たいかな、と思ったけれど、

全然ペロッと行けちゃう。

パリブレストノワゼットエラブル

ほんとに美味しい、買いに行けてよかった。

不良社員は、「お使い」と聞くと

瞬時にさぼりルートを思いつくのです。

 

 

スポンサーリンク

今日のヒメちー

充実したお仕事で良かったですねー。

お仕事ってフードファイトでしたっけ?

ち、違うわよっ。失礼ね。

あれよ、ヒメちーもちゃんと食べないと、箱、すっかすかじゃない。

パリブレストノワゼットエラブル

いいんです、箱に入るのに、スリムな方が便利ですから。

パリブレストノワゼットエラブル

パリブレストノワゼットエラブル

顔の幅を大幅に無視したこの箱への入り方…。

 

センサー、壊れちゃってるんじゃない?

パリブレストノワゼットエラブル

パリブレストノワゼットエラブル

大丈夫です。

ヒメにはヒメの適正な幅があるのです。

パリブレストノワゼットエラブル

今度にょろん画像撮っちゃうぞ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました