【狭い所が好きすぎる猫】猫が狭い所を好むのは本能だった! | ヒメとまいにち

【狭い所が好きすぎる猫】猫が狭い所を好むのは本能だった!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

狭い所が好きすぎる猫

ヒメちーは、箱の中や袋の中が格別に好きですが、

ほとんどの猫は、「暗い」「狭い」空間が好き。

猫 狭いところ 入る理由

これは、猫の祖先である野生のリビアヤマネコは

穴倉を巣にしていたことに初まります。

リビアヤマネコにととって、

身をひそめる行動は、外敵から身を守る上で、

とても大切な行動であったから、と言われています。

狭い所に入るのに適した体であることは、

こちらの記事でもお伝えしたのですが…。

 

外敵のいない(はずの)家猫が、

それでも狭いところに入りたがる理由って何だろう?

 

 

スポンサーリンク

猫が狭いところを好む理由推察

 

 狭いところが好きな理由 その1:本能によるもの

猫が狭いところを好きな理由は、やはり猫が持つ本能が関係しています。

猫は元々狩猟動物です。その名残があるようです。

獲物を狙い、敵からも身を隠し、

危険から自分の身を守るために狭いところに入ります。

狭いところで周囲に囲まれて安全で隠れていられる…。

狭いところは猫にとって、安心できる場所なんです。

猫が狭い所を好む理由

 

 狭いところが好きな理由 その2:居心地が良く安心できるため

猫が狭いところに入る理由は、ズバリ、居心地が良いからです。

狭いところのフィット感が、たまらなく安心するようです。

猫が狭い所を好む理由

小さくて狭いダンボールや、

どう見てもみちみちの袋を見ると、

ついつい入ってしまうのは安心感が欲しいことが理由です。

人間からすれば息苦しいのでは?と思いますが、

猫にとってはあの狭さが魅力的なんですね。

 

  狭いところが好きな理由 その3:待ち伏せ型のハンター

野生下において、猫のハンティングは待ち伏せ型。

大きな猫、ライオンや虎が、茂みに隠れて

じりじりと獲物まで差を縮めていくのを見たことはありませんか?

猫も同じで、身を隠しながら、獲物を狙うんですね。

身を隠し、獲物に気配を悟られないように、

近づいたところを捕獲する。

家猫になった現在でも、その行動の名残りがあるんです。

猫 狩り 身を隠す

 

 狭いところが好きな理由 その4:獲物を確保するため

猫が野生で生きていた時代は、獲物を捕ったあと、

狭いところに持っていって確保していました。

どんな生き物でも食事中は無防備になるもの。

人慣れしていない猫が、人前で食事をすることはありません。

ご飯=獲物は隠れて食べます。

また、他の動物たちから、獲物を守るためにもこの行動は重要なのです。

獲物は絶対に渡さんぞ!と主張して大切に保管していたんですね。

その名残が今でもあるようです。

また野生化の猫の重要な餌、ネズミは小さい穴や狭いところにいます。

穴に侵入して捕らえることもしていたようです。

同じネコ科でもヒョウは樹の上に餌を運び、

他の外敵から餌を守る行動をとります。

クリックでモザイクが外れます。

木の上で獲物を食べるヒョウ

 

 狭いところが好きな理由 その5:暑さや寒さから逃れるため

猫が狭いところが好きな理由として、暑さや寒さ対策をしていることが分かっています。

特に猫は寒さが苦手なので、狭い場所にいることが多いです。

狭いところに入る事で、体温を外に逃がさずにいられるんですね。

狭くて暗い場所は、寒さ対策になり、気持ちも安心できるようです。

また、暗い穴倉の中は直射日光も当たりません。

夏の暑さからも身を守ることが出来るのです。

 

猫が狭い所を好む理由

半分陽に当たり、半分は隠れる、

などと言うよくわからない行動も取りやすいですね。

 

 狭いところが好きな理由 その6:一人になりたいため

猫は野生下において、単独行動をする生き物です。

狭いところに入ることで、猫のストレスも軽減されることが分かっています。

つまり猫自体、精神的に癒されることが理由です。

また猫が病気をした時には、狭いところでじっとしている傾向があります。

つまり回復するのを一人で静かに待つわけです。

これはやはり本能に由来しますが、

弱っている姿をさらしてしまう事は、

自分が捕食される側に回ってしまうと言うこと。

飼いネコであっても、一人になれる空間を作ってあげる事は大事なことです。

猫の先祖は敵に見つからないように休んだり、

ケガをしてしまった体の回復を待つための休息をするために、

狭く、暗い穴倉に潜んでいました。

この本能的な行動が、現代の猫が狭い隙間を好む行動につながったと言われており、

狩猟生活をしていた頃からの記憶として、

猫の習慣になったとされています。

突然の来客や、恐怖を感じた時に、暗闇の中で、

ひっそりとこちらを見つめていることもあります。

また、何か気に入った物や獲物を見つめていることもあるようです。

獲物をしとめる瞬間をじっと待つ場所としても、獲物を運ぶ場所としても、

体を休める場所としても、狭い隙間や薄暗い場所はとても大切なのです。

猫 狭いところ 好きな理由

 

 

スポンサーリンク

猫が狭い所が好きな理由・まとめ

まとめとか言っちゃったけれど…

どう考えても理由はこれよね。

「好きだから」。

狭い所が好き、かつ、狭い所に入るのに向いている体のつくりをしている、

と言う事が、猫が狭い所に入り込む大きな理由ですね。

 

 

スポンサーリンク

狭い所が大好きな猫

ヒメちーってばホントみっちみち。

猫が狭い所が好きな理由

本能なのでほっといてください。

猫が狭い所が好きな理由

邪魔しないで―!

猫が狭い所が好きな理由

ヒメちーの可愛い寝姿を見ると、

邪魔したくなっちゃうのもねぇやんの本能なのよー。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました