【隙間があれば入りたい!】狭い所に入ることに特化した猫の体。 | ヒメとまいにち
スポンサーリンク

【隙間があれば入りたい!】狭い所に入ることに特化した猫の体。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

狭い隙間に入る猫

猫は狭い所が好き。

「え?こんな狭い所に?」と驚くほどに

狭い空間をものともせず入り込みます。

 

「猫は体が柔らかいから」

「猫は顔の幅と同じ細さのところは通ることが出来る」

などと言う言葉を耳にします。

ではなぜ猫は、そんなに狭い空間に、

楽に入り込むことが出来るのでしょうか。

猫 狭い所に入る理由

 

 

スポンサーリンク

狭い所に入りやすく特化した体

猫は、ある程度の狭さがあるほうが安心できる、

落ち着くともいわれています。それは、

猫の体の仕組みも関係しているようです。

猫の体の特徴として、鎖骨が胸骨や肩甲骨とつながっていないことと

肋骨が細く、数が多い事が挙げられます。

猫と人の肋骨の違い

詳しくはリンク先で解説しています。

 

 

スポンサーリンク

猫には鎖骨がない?

つながっていないと言う事は、より可動域が大きいと言うこと。

さらに詳しく調べると猫の体には人間と違って

鎖骨がないことがわかります。正確に言うとないわけではありませんが、

人の鎖骨は、体幹は胸骨、胸鎖関節につながり、

肩では肩甲骨の肩峰につながっています。

猫の鎖骨は体中の骨のどこにもつながっていません。

鎖骨は体の中に存在はしているのですが、役目をはたしていません。

この鎖骨のない体の構造こそが、

狭い隙間でも簡単に入り込める秘密なのです。

猫 狭い所に入りたがる理由

小さな場所に入るために柔軟な動きができ、

狭いところであっても、柔軟な体があるからこそ、

無理なく入ることが出来るのです。

体をひそめ、落ちつく場所を見つけるのには最適な体と言っていいでしょう。

 

 鎖骨がないとどうなる?

鎖骨がないことにより方をよりすぼめることができます。

隙間でもすぐに入り込めるので、

驚くような狭い隙間でも体を滑らせていく事が出来るのです。

実は、犬や猫、牛や馬など四足歩行をするほとんどの動物も同様に

鎖骨は退化し、機能していません。

胸骨と前脚の骨をつなぐ役割のある鎖骨ですが、

これらの動物では、前脚の骨と胸骨はやわらかい筋肉でつながっています。

そのため、ヒトよりも大きく肩をすぼめることができ、

かなり狭い隙間でも通り抜けることができるのです。

 

 

スポンサーリンク

猫が隙間を好む理由は興味本位

猫は好奇心旺盛で何事にも冒険心を持って挑む動物だと知られています。

そんな猫が部屋の隅にある隙間を見た時どんな気持ちになるかというと

「この隙間の向こうにはいったいなにがるのかニャ?」

「これくらいの隙間なら入れるニャ」

「何かおもしろうそうなことがこの隙間の向こうにあるかもしれないニャ」と、

そんな好奇心が高まり思わず隙間に入ってしまうのです。

猫 狭い所を好む理由

さらに隙間にはいったあとは、暗くて狭い空間に落ち着きを覚えてしまい、

更に暗く、狭い所が好きになるのです。

隙間から見えるあそこには何があるのかにゃ?と

ちょっとした冒険心から隙間に入り込んでいくと考えられています。

 

 

スポンサーリンク

猫が通れる隙間は何センチ?

猫が隙間を好む理由は本能と冒険心からきている事がわかりましたが、

そもそも猫が通れる隙間ってどれくらいなのでしょう?

もちろん体の大きさによって異なってきますし、

明確に何センチと言いづらいのですが、

「猫は隙間に対し顔が入れば通り抜けられる

(※顔の幅が通れる隙間の目安)」といった定説がみられます。

が、これはちょっと間違いがあります。

猫の顔の幅は猫種によってちょっと違う。

すらっとキツネ型の子もいれば、真ん丸顔の子もいます。

基本的に猫の頭蓋骨は丸いのですが、

丸い顔の子は、鼻があまり突き出ていなかったり、

顎のラインががっちりとしていたり鼻や顎のラインに差があります。

この顔の形は、ボディの太さとは関係がありません。

猫が通れるとされている幅は、実は猫のひげの幅なんです。

ひげは通常、顔の幅よりも出ているものです。

ひげは猫にとってはセンサーの役目を持ちます。

そのセンサーで、無理なく通れる幅を計っているんですね。

何センチ、と言う決まりはなく、

自分で通れる、と判断して通る、が正解のようです。

たまに判断を誤って挟まってしまう猫もいますが。

挟まって抜けなくなった猫

カラパイアより

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

結局は好きだから入り込む。

そうです。

好きだから入るのです。

入るのに適した体で良かったです。

猫 隙間 好む理由

尻尾の太いこと。

ワクワクが止まらないのね。

猫隙間 好む理由

猫 隙間 好む理由

猫 隙間 好む理由

猫 隙間 好む理由

猫 狭い所 入れる理由

満足です。

猫 狭い所 入る理由

無理やり入るから顔の形が変わっちゃって…。

ヒメちーの場合はひげセンサーは機能しないようです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました