【世界猫の日】宗教と猫。実は密接な関係にあった。 | ヒメとまいにち
スポンサーリンク

【世界猫の日】宗教と猫。実は密接な関係にあった。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

猫の事が嫌いな国もあるってホント?

猫が好き、と言う国もあれば、

猫が嫌い、と言う国もあって当然。

昨日の記事では、猫好き国家を紹介しましたが、

 

個人的な好き嫌いは置いておいて、

好きな理由、嫌いな理由が宗教に由縁する場合もあるようです。

 

 

 

スポンサーリンク

猫を神聖なものと考える「イスラム諸国」

猫好き国家ランキングではトップ5には入りませんでしたが、

イスラム地域では、宗教的な意味から猫がかなり好まれています。

イスラム地域では宗教上の教えで猫は神聖な生き物。

猫 イスラム教 猫が好き

世界猫歩きより

イスラム教で猫が大事に考えられている理由は、

かつての預言者ムハマンドが猫を溺愛していたからと言われています。

 

 ムハンマドと猫

ムハンマドは生前、ムエザという、額に「M」の模様が入った猫を飼い、

これを溺愛していたという話は有名です。

M字ちゃんのキジトラかしら…。

あるときムハンマドが出かけようとした折、

衣服の片方の袖の上にムエザが横たわって熟睡していました。

ムハンマドはムエザを起こさないように、

ムエザが眠っている袖を切り離し、

片方の袖のない状態の衣服のまま出かけたといいます。

その後、ムハンマドが用事を済ませて自宅に戻ると、

ムエザはムハンマドに感謝の会釈をしたと伝えられています。

また、ムハンマドの親友にして、

これまた大層な猫好きとして知られるアブー・フライラという人物の飼っていた猫もまた、

ムハンマドと縁の深い関係であったそうです。

あるときこの猫は、ムハンマドを蛇から救い、

その行いに感動したムハンマドは、この猫の背中を撫でました。

するとその猫は、現在の猫のような機敏な反射神経を授かったという話があるのです。

イスラム圏においては、

猫が現在のような優れた反射能力を持つに至ったのも、

ムハンマドの力だと考えられているわけですね。

預言者ムハマンドは、イスラム帝国の歴史を語るうえで

欠かせない重要人物で

「猫をいじめてはいけない、殺してはいけない」と強く指示していました。

猫 イスラム教徒 猫好き 理由

カラパイアより

 

それがきっかけとなり、イスラム地域では猫は神に近い存在、

神聖な生き物と大事に考えられてきたのです。

猫 イスラム教徒 猫好き 理由

カラパイアより

 

また、猫は絶えずグルーミングを熱心に行うため、

例え野良であっても他の野生動物のような獣臭さを発しません。

これもまた「清潔な獣である」として、

イスラム教徒たちに歓迎された要素でした。

猫 イスラム教 猫好き ムハンマドの教え

世界猫歩きより

 

このようにイスラム教を信仰する人達にとっては

「猫は神聖」という考えが根付いるのですね。

イスラム教徒の多い、トルコでも、

猫は町のいたるところにいて、ヒトと生活を共存しています。

猫 トルコ イスラム

カラパイアより

猫 イスラム 好かれる理由 トルコ

カラパイアより

猫 イスラム教 猫好き 理由

カラパイアより

 

 

スポンサーリンク

猫の事が嫌いな人の多い国

世界ではさまざまな宗教があり、いろいろな伝説が語り継がれています。

歴史のなかでは動物が登場することもあり、

古い時代から猫と人間は共存していたことが分かります。

猫が好きな人の多い国ばかりを紹介してきましたが、

悲しい現実にも目を向けなければなりません。

 

 古くから猫を嫌う文化がある「インド」

インドでは猫を嫌う文化が世界でもトップクラスです。

その理由は宗教的なことが絡んでいると言われています。

インドの人は犬が好きです。ただ、ペットとして飼うのとはまた少し違っていて、

愛玩目的でペットとして犬を飼育するというニュアンスではなく、

街で普通に見かける犬たちと共存していると言ってもいいでしょう。

インドでは野生の猫を見かけない代わりに、

街を歩いていて野良犬たちの姿を見かけます。

また、同じように、野良牛や野良ヤギなども街中に普通に存在しています。

ヒンズー教では牛が神聖とされていて、

街中を歩く「野良牛」であっても捕獲して殺処分などもできません。

神的存在ですから、人々が食する文化もないのです。

このように、インドでは牛や犬の姿が見られ、

お互いに生活を邪魔することもなく穏やかに暮らしています。

 

 猫嫌いはどうして?

インドの歴史上の人物で需要なお釈迦様は、

知らない人はいないほどの伝説の存在ですよね。

実は、そんな大事なお釈迦様の命を脅かしたのが猫なのだそう…。

それが原因でお釈迦様の命が絶たれたとさえ言われていて、

仏教を信仰する人にとっては「猫は敵」のような考え方をされています。

このお話は、12支、干支の生き物の中に

猫が入っていない理由でも紹介させていただきました。

 

ただ、過去の伝説というのは現実的には考えられないことも多く、

猫がお釈迦様の亡くなる直接的な原因になったというのも

根拠はなく、明らかに言い伝えだと思います。

しかし、その伝説が語り継がれていたインドでは、

猫を敵視していることから猫を見かける機会さえ少ないようです。

 

 

スポンサーリンク

世界猫の日・まとめ

世界で猫が可愛がられているという話をまとめたかっただけなのに、

予想外に長くなってしまいました。

【世界猫の日】には、身近な生き物、猫の事を

よく知り、更に好きになり、

下僕としての喜びをかみしめましょう。

 

 

スポンサーリンク

今日のヒメちー

えっと、ヒメちー、どこから突っ込んでいいのか…。

イスラムの人への敬意を表しています。

世界猫の日 猫が好きな理由 イスラムの人は猫好き

もしかして、ヒジャブのつもり?

世界猫の日 猫が好きな理由 イスラムの人は猫好き

カーテンにしか見えないけど…。

世界猫の日 猫が好きな理由 イスラムの人は猫好き

猫を「神」とあがめてくれるイスラム教…。

これを世界に広めれば…。

世界猫の日 猫が好きな理由 イスラムの人は猫好き

世界猫の日 猫が好きな理由 イスラムの人は猫好き

そこはうんとデリケートな問題だから、やめておきなさい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. 本当に動物たちへの神聖視、敵視、扱いなどは宗教やその時々の時代背景、当時の権力者たちの思いが大きく出てますよね(*´ω`*)
    ココはひめちーカーテン教祖様に世界進出してもらうしかないかも( *´艸`)

    • なんと、ヒメちー教Σ(´∀`;)

      お釈迦様の話にしても、もう、何千年と言っていいレベルの恨みを引きずってるのはある意味あっぱれ(;´∀`)

タイトルとURLをコピーしました