【エントリーで2000ポイント】節電ポイントの節電ってなに?【節電しなくてももらえる】 | ヒメとまいにち

【エントリーで2000ポイント】節電ポイントの節電ってなに?【節電しなくてももらえる】

 

節電ポイント 「電力需給ひっ迫注意報」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

節電ポイント、ただのポイントプレゼントに成り下がる。

 

この夏の電気需要の増大に備えて、

国民に広く節電をお願いしている日本政府。

節電したらポイントあげちゃうよー、というキャンペーンまで行うと発表した。

 

そもそもの節電ポイントとは、

逼迫時に節電協力要請を通知し、過去の使用量と比べて節電したら、
1キロワット時(kwh)あたり5円から10円分のポイントを付与するというもので、
月260kwh使用という平均的世帯が3%節電すれば、
電力使用量が8kwh減るので、
月40円から80円分のポイントがもらえることになります。

と、言うもので、普段から節電を心がけていない人ほどもらえる仕組み。

東京電力と、中部電力は7月から開始することになっているが、

その他電力会社、関西電力、東北電力、九州電力などでは

実施時期も未定の物。

そんな節電チャレンジに誰が参加するのだろうか、という世論に押されてか、

木原誠二官房副長官は24日の記者会見で、

電気料金負担を抑えるために政府が検討している「節電ポイント」の支援策について、

「参加する家庭に2000相当のポイントの支給を始める」と述べた。

節電ポイントは電力大手がすでに取り組んでおり、

例えば東京ガス電気を使用している家庭であれば、

節電の状況により、最大4千円分のギフトカードがもらえます。

これに上乗せする形で、家庭や事業者の節電状況に応じ、

国がポイントの上乗せ支援をしようと言うもの。

木原氏は会見で「こうした措置を通じて、

実質的に電気代負担を軽減するということを目指していきたい」と語った。

ただ、開始時期は明らかにしておらず、「準備が整い次第、速やかに進める」と説明。

予算措置についても「財源を確保していきたい」と述べるにとどめた。

 

 節電チャレンジ、大きな変更点は?

節電ポイントサービスは、すでに電力大手が独自に家庭向けで実施している。

決められた時間帯の節電量や、

前年同月と比較した節電量に応じてポイントを付与する。

主にスマートフォンのアプリを入れている利用者などが対象になる。

政府は21日に開いた物価・賃金・生活総合対策本部で、

こうした電力会社のサービスを後押しする方針を表明。

ただ、具体的な支援策を示さなかったため、

SNS上などで政府の対応に批判の声も上がっていた。

批判を受けて、政府は

電力会社が実施するポイントサービスに参加することで

ひと世帯当たり2000円相当を支給することに決めた。

仮に、日本の電気使用世帯、5500世帯すべてに支給すると、

単純計算で1100億円かかる。

更にポイントで配ることによって事務経費もかかることになる。

この事務経費については金額は明らかにはなっていないけれど、

支給金額を上回る事務経費になりそうな予感。

大きく変わった点はこちら。

当初の予定変更後
・節電プログラムに参加

・スマートメーター必須

・ポイントは1kwh当たり5~10円

・参加をしたすべての世帯に2000円分のポイント

・スマートフォン所持必須

・節電実績必要なし

これは、何のためのポイント付与なんでしょうね…。

節電を呼び掛けてるのではなかったのかしら。

節電の呼びかけと景気対策を一緒にやろう、という事が

大きな間違いな気がする。

国民にただでお金はあげたくないんですよー、という事でしょうか。

 

 

スポンサーリンク

「電力需給ひっ迫注意報」政府が初発令 節電呼びかけ

 

今日、27日に東京電力管内で

電力供給の余力を示す予備率が5%を下回る見通しだということで、

「電力需給ひっ迫注意報」が発令されています。

節電ポイント 「電力需給ひっ迫注意報」

その昔、東電のCMで、

「1時4時~1時4時~とっても暑いのいちじよじ~」と言う歌があった。

その時間帯に節電を呼び掛けているもの。

ちょっとだけ思うんだけれど、これはあっていないのかもしれないけれど、

EV車ってあるでしょ。

多分一軒のお宅の一日分の電気を充電できるという触れ込みだったと思うのだけれど…。

このEV車の充電をしないよう呼びかけるとかにしてはだめなのかしら。

この週末、土曜日には都内では126人、

日曜日には93人が熱中症で搬送されてる。

そんな酷暑の中、「適切に冷房を使いながら節電」なんてできるのだろうか。

今日も朝起きた時から気温は25度を超え、

厳しい暑さになっている。

皆さん熱中症には気を付けて、

ちゃんと冷房入れて過ごしましょうね。

 

 

今日のヒメちー

 

暑いです。

節電ポイント 「電力需給ひっ迫注意報」

涼しい寝方を研究中です。

節電ポイント 「電力需給ひっ迫注意報」

節電ポイント 「電力需給ひっ迫注意報」

やっぱりこれでしょうか…。

節電ポイント 「電力需給ひっ迫注意報」

ねぇやんちでは暑さに耐えきれず、とっくにエアコンデビューしているけれど、

それでもヒメちーの伸びっぷりよ…。

昨日なんて20グラムのフードを一日かけても完食できなかった。

節電が必要なのはわかっていても

結構厳しい。

ねぇやんが出来る節電…。

午後はパソコンの電源落として仕事さぼっちゃおうかしら…。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ読者登録お願いします。
ヒメとまいにち - にほんブログ村
スポンサーリンク
時事ネタ 雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒメとまいにち

コメント

  1. テレビ局がもっと節電すればいいのにって個人的には思いますー。

    あ、くだらないテレビを消せば節電になりますねー(^◇^)

    • お返事遅くなりまして申し訳ありません(o*。_。)oペコッ
      そうですよねー、ある試算によると、エアコンとテレビって、消費電力同じくらいなんですって。
      テレビ局もお休みすればいいのに(^^;)

タイトルとURLをコピーしました