クロックマダムのマダムを考察。 | ヒメとまいにち
スポンサーリンク

クロックマダムのマダムを考察。

このエントリーをはてなブックマークに追加  ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

クロックマダム作るよー

6枚切りの食パンに、ホワイトソースを塗り塗り。

多めのほうが美味しいかも。カロリーは無視で。

6枚切りを使うと、ままちゃんくらいの食事量の人には多いから、

8枚切りの方がいいかも。敗戦処理係(わたし)がいるご家庭では、

厚みのあるパンを使った方が美味しいので、6枚で。

クロックマダムの作り方

ベーコンをのせます。

ハムのお店もあるけど、ハムがなかったからベーコン。

たいして変わらないよね?

クロックマダムの作り方

パンで挟みます。

クロックマダムの作り方

クロックマダムの作り方

上になったパンのほうにとろけるチーズで土手を作ります。

クロックマダムの作り方

クロックマダムの作り方

アルミホイルの上にのせて生卵を落として、ちょっとマヨネーズ。

アルミホイルはくっつかないタイプのものがいいです。チーズ結構こぼれるから。

こぼれてカリカリになったチーズも美味しいのよね。

クロックマダムの作り方

オーブントースターで、卵がお好みの固さになるまで焼きます。

生の白身は苦手だから、うちは良く焼き。

クロックマダム焼きあがり

ちょっと焦げ気味だけど、美味しそー。

クロックマダム焼きあがり

ナイフ投入。惜しみなく卵をつぶします。

クロックマダムの作り方

ぱっかーん。どう考えても美味しいでしょ、これ。

クロックマダムの作り方

ところでクロックムッシュとマダムってあるでしょ。何が違うのかしらね。

クロックムッシュに目玉焼きが乗ったらクロックマダム?

そんな簡単でいいのかしら?

と言うか、目玉焼きが乗るとなぜマダム…

これって、ご主人には内緒で、女たちだけの時に、

目玉焼をのっけて贅沢したからとか…あ、それはうちか(^▽^;)

wikipediaから。
「1910年にフランスのオペラ座近くのカフェで作られたトーストの一種である。(中略)
パンにハムとチーズ(グリュイエールチーズやエメンタールチーズなどが望ましい)をはさみ、バターを塗ったフライパンで軽く焼いて、ベシャメルソースやモルネーソースを塗って温かいうちに食べる。ゆで卵や野菜をはさむ場合もある。上面に目玉焼きを盛り付けたものはクロックマダムと呼ばれる。
名前は「かりっとした紳士」という意味で、由来は定かではないが、一説には食べるときに音がして上品ではないので男性専用とされたという。

なんか変ね。フランス語には男性名詞と女性名詞があるのはわかるけれど…ちょっと弱いかな。

クロックムッシュは手づかみで食べられそうだけど、

目玉焼きをのせるとナイフとフォークを使うしかなさそう。

ダイレクトがぶりしてもいいけど、上あごやられるよね…

絶対卵こぼれるし。

男のようにカジュアルに手づかみではなく、

女性はお上品にナイフとフォークを使う。

それをクロックマダムと呼んだ。とか?

ナイフとフォークを使うことが「上品」だとか、

「女らしい」とフランス人が感じるかどうかもわかりませんが。

こういう食べ方の対比が、ムッシュとマダムの違いになっているのかしらね?。

誰か正解教えてー。

スポンサーリンク

お上品ヒメちー

ねぇやんにはお上品とかいう言葉は縁がないような気がします。

猫写真

ヒメはお上品に寝ますけどね。

猫写真

ままちゃんのパジャマの上でお上品に寝るのね…

後で怒られるわよー。

脱ぎっぱなしなのがいけないと思います。

猫写真

…うちってみんなお上品とは無縁だわ…

このエントリーをはてなブックマークに追加  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました