わたしのカメラの腕とヒメちー | ヒメとまいにち
スポンサーリンク

わたしのカメラの腕とヒメちー

先日simsimさんが愛用のカメラの話をされていて
わたしがデジタル一眼レフカメラを買った時に、この記事があったら…と
自分のリサーチ不足が悲しくなったの
一年前に読んどけばよかったー!←無理だから

一年ほど前、ブログを始めてしばらくしてから
もっときれいなヒメちーの写真を使いたいなぁって思って

去年だから髪が短いよ

実は支払いもしてない
ままちゃんが払ってくれちゃった

ぱぱちゃんがモードとかイロイロこだわって撮ったヒメちー

ままちゃんが左手で遊びながら右手で撮ったヒメちー

写真って、カメラじゃなくて撮る人の腕なのでは…
こうして静止しているのを撮る分にはとても綺麗
毛のパヤパヤ感までちゃんと撮れてる

デジイチ大活躍!と言いたいところだけれど
…ねこって、突然動くじゃない
いきなり面白い事始めると
電源入れてー、レンズカバー取ってー
よくわからないけどレンズのところ回してー
ってすると、決定的シーンを撮り逃しちゃう
そして多分EOSは早い動きに弱い
コンデジなら電源入れてすぐ撮れるから、ついつい、こっち使っちゃう
宝ではないけど持ち腐れ
もう少し、動く物がきれいに撮れるカメラが欲しかったなぁ

カメラつながりで
カメラマン、映像監督として多彩な才能を見せる蜷川実花さん監督の
「Diner」のJapanpremiamを見に行ってきた。要は試写会ね
蜷川実花さんのビビットな色遣いが苦手だったし
話の内容もちょっとバイオレンスで苦手だったから
テレビでやったら見ればいいかあ、と思ってたんだけど
試写会のチケットが手に入ったから。
お目当てはもちろん
かなたん(本郷奏多)と、くろちゃん(窪田正孝)

すごく面白かった!
苦手だと思っていた色合いのおかげでグロさは軽減してたし
血が飛び出るところが花びらで表現されていたりと
一言で言うと、「美しい」これは見てよかった!
あと3列近かったら握手できたのに…そこだけは残念

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました