【鬼は外】節分に恵方巻を食べる理由【福はうち】 | ヒメとまいにち
スポンサーリンク

【鬼は外】節分に恵方巻を食べる理由【福はうち】

 

節分

 

スポンサーリンク

節分なので、恵方巻を食べる

節分と言えば豆まきと恵方巻。

豆まきは全国的な習慣として、

恵方巻って、まだここ20年くらいの習慣なんですって。

もともとは関西の方で行われていた習慣なんですが、

それに目を付けたコンビニ業界が全国展開させたのだとか…。

なんでも美味しいものには思いっきり踊らされるたちなので、

実は豆まきよりもうれしかったりする。

ここで恵方巻のお作法を復習。

 恵方の方角を向いて食べる

恵方巻きを食べるときは、恵方の方角を向いて食べます。

恵方は毎年代わりますが、

その恵方には歳徳神(としとくじん)と呼ばれる

幸福をもたらす神様がいるからと考えられています。

恵方というのは別名「吉方」とも呼ばれます。

その恵方の方角を向いて恵方巻きを食べることで、

恵方巻きを通して体の中に入ると考えられています。

だから、恵方巻きを食べている最中にしゃべってしまうと、

歳徳神からの幸福が外に逃げて行ってしまう。

こう考えられているのかもしれないですね。

 無言でしゃべらないで食べる。

「恵方巻きは無言でしゃべらないで食べる。」

こんな決まりごとがあるのは知っている方が多いと思います。

どうして黙ったまま恵方巻きを食べるのか、

そのルールにちょっと疑問を持ったりもしますよね。

恵方巻きを食べるときには願い事を思い浮かべながら食べると、

今年一年健康で仕事もうまくいくなどの願いが叶うとされてきました。

神社やお寺でお願い事をする時は黙って手を合わせて拝みますが、

ちょっと似たような感じがしますね。

昔から日本の国では、神聖な時間は無言で過ごすといった考えがあり、

恵方巻きを食べるときに無言でしゃべらない理由は

神様からの幸福をしっかりと取り入れるためだったんですねー。

 1人1本まるまる食べる

恵方巻きって結構大きいのに、

それを一本まるまる食べるのって結構な苦行。

恵方巻きって縁起物として扱われていて、

そんな縁起物の恵方巻きを、包丁などで切るというのは

「縁を切る」

などといったような意味にも取られるので、

縁起が悪いと考えられているんです。

この習慣はお正月の鏡餅にも見られます。

鏡餅は丸ごといただくのには無理があるけれど…

切ったりせずに、割ったり、煮て取り分けたりしますよね。

恵方巻は割るのも煮るのも無理

だから、まるごといただくようになったとか。

そういうわけで、恵方を向いて食べるのは、ちょっと小さめ。

巻いてから切るのではなくって、海苔をあらかじめ切ってから巻きます。

切ってるじゃん、と言う突っ込みはなしにして。

そんな事言ったら、海苔だって成型するのに切ってるから。

恵方巻 節分

他のものは切っていただきます。

ネギトロ巻き、裏巻き

節分 恵方巻

エビフライ巻き、ヒレカツ巻き

節分 恵方巻

これねー恵方を向いて食べるものをチョイスミスすると辛い。

生ものって、途中でお醤油つけたくなるし、

ヒレカツって、結構咀嚼するから大変。

なのでエビフライ巻き一択。

 

 

スポンサーリンク

節分なので豆をまく。

うちの中に撒く豆は、殻付き落花生。

外に撒く豆は大豆。

うちはずっと猫がいるので、なんとなくそうしてる。

毛がついた豆とか食べるのもあれだし…

落花生なら殻割っちゃえばきれいだし。

節分 由来

子供がここまで大きくなっても

毎年豆まきをしている家庭ってどのくらいあるんだろう…。

もしかしてうちってすごいレア?

恵方巻とセットで、なんとなくやって来たけれど、

うちに撒いた豆は拾って食べるとして、

外に撒いた豆ってどうなるんだろう…。

節分 イラスト

とか?

節分 イラスト

撒いた豆が無駄にならないといいねー。

 

 

スポンサーリンク

ヒメちー、鬼になる

鬼のお面をかぶせたところで、

ヒメちーに向かって豆を投げつけたりはしませんが、気分だけ。

節分 猫

節分ってあんまり楽しくない気がする…。

節分 猫

節分 猫

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. うちのお隣の八街産の落花生じゃありませんか~!
    やっちまったな~♪
    嬉しいこと( *´艸`)たくさん食べておくれ。

    ヒメち~は鬼になっても可愛いですね^^

    • そうなんですねー、うちの近くのスーパーで国産落花生と言えば、これです(*´ω`*)
      二十云年食べ続けています( ´∀`)bグッ!

タイトルとURLをコピーしました