ヒメちーのバレンタイン・バレンタインデーの由来って? | ヒメとまいにち
スポンサーリンク

ヒメちーのバレンタイン・バレンタインデーの由来って?

 

バレンタインデー 手作りチョコ

 

昨日2月14日はバレンタインデーでしたね。

と言ってもあげる相手もおらず、

普通の日曜日を過ごしたねぇやんでした。

 

 

スポンサーリンク

バレンタインデーとは

 

 バレンタインデーの由来

バレンタインデー、または聖バレンタインデーは、

キリスト教圏のお祝いで主に欧米で、

毎年2月14日に行われるカップルが愛を祝う日とされている。

古代では多神教の祭日であったそうです。

元々269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した、

「聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日」だと、

主に西方教会の広がる地域においてかつて伝えられ、

この日、キリスト教圏では一般に家族や恋人など

大切な人に贈り物をすることが習わしとなっているようです。

 バレンタインデー、日本では?

日本では、女性から男性にチョコレートを送り、

愛の告白をする日、になっていますねー。

これは諸説あるようですが、

1970年代後半ごろ、

冬場はチョコレートの売り上げが落ちてしまうことに

危機感を感じた菓子店主が企画を発案したと云われているようです。

チョコレート業界の策略とも。

欧米諸国でも、恋人やお世話になった人に『チョコレート』を贈ることはあるが、

決してチョコレートに限定されているわけではなく、

またバレンタインデーに限ったことでもない。

女性から男性へ贈るのが殆どという点と、

贈る物の多くが『チョコレートに限定されている』という点は、

日本のバレンタインデーの大きな特徴のようです。

あ、チョコのほかに手編みのマフラーをプレゼントする、

と言うような甘酸っぱい思い出をお持ちの方もいるはず。

また、最近では、「恋人までは行かないが、友人として」贈る「義理チョコ」、

同性(主に女性)間で贈り合ったりする「友チョコ」、

男性が女性に渡す「逆チョコ」、自分で買って食べる「自己チョコ」、

男性が男友達に送り合ったりする「強敵(とも)チョコ」というものも見られるようです。

時代ともに少しづつ意味合いは変わってきているようですが、

美味しいチョコを食べる日、に変わりはないですね。

 

 

スポンサーリンク

ヒメちーの甘酸っぱい気持ち

猫漫画

猫漫画

カラス―!

ヒメちー、いくらなんでも異種間恋愛にもほどがあるわ。

猫漫画

…今日はまだ来ない…

バレンタインデー

あ、きた!

バレンタインデー 手作りチョコ

バレンタインデー 手作りチョコ

今日も黒光りしてて素敵。

バレンタインデー 手作りチョコ

バレンタインデー 手作りチョコ

あの人、きっとヒメに気があると思うのよね。

バレンタインデー 手作りチョコ

 

 

スポンサーリンク

ぱぱちゃんへのバレンタイン

かなわぬ恋に実を焦がすヒメちーはほっといて、

昨日、バレンタインの日の夕食。

ぱぱちゃんはローストビーフをリクエスト。

バレンタインデー 手作りチョコ

ローストビーフは定番のこの作り方。

 

スーパーでハート型のコロッケを見て、

無謀にもチャレンジするままちゃん。

普通のパン粉使うとちっともハートに見えないのね、

細かくして付け直し。

荒いハートももちろん美味しくいただきました。

バレンタインデー 手作りチョコ

トルティーヤの皮は業務スーパーで買った物。

照り焼きにした鳥と卵、もう一種類は

甘辛目にした牛肉。

惜しい。豚だったら三種制覇だったわ。

 

バレンタインデー 手作りチョコ

今年はチョコカスタードクリームパイ。

バレンタインデー 手作りチョコ

あ、切り口がまたしても…。

バレンタインデー 手作りチョコ

こっちの方が若干きれいに見えるわね。

バレンタインデー 手作りチョコ

今年のバレンタインも美味しくいただきました。

ぱぱちゃん、お返し期待してるわよー。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました