【永遠に決着しない議論】スイカやメロンは野菜かくだものか。 | ヒメとまいにち

【永遠に決着しない議論】スイカやメロンは野菜かくだものか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

くだものと野菜の分類と定義

 

野菜なのか果物なのか、しばしば議論されるスイカとメロン。

植物分類学上では、どちらもキュウリやカボチャ、

ズッキーニなどと同じウリ科に属しています。

ということは、スイカもメロンも「野菜」になるのでしょうか。

農林水産省によると、

苗を植えて1年で収穫する草本植物は「野菜」として取り扱っています。

スイカ メロン 果物 野菜

一方で、目安として2年以上栽培する草本植物及び木本植物で、

果実を食用とするものを「果樹」と定義しています。

果樹とは
農林水産省では、園芸作物の生産振興を効果的に推進するため、
概ね2年以上栽培する草本植物及び木本植物であって、
果実を食用とするものを「果樹」として取り扱っています。
従って、一般的にはくだものとは呼ばれていないと思われる栗や梅などを果樹としている一方で、
くだものと呼ばれることのあるメロンやイチゴ、
スイカ(いずれも一年生草本植物)などは野菜として取り扱っています。

農林水産省HPより

また、野菜は食べる部位が根・茎・葉のもの。

果物は花が咲き、結実して「実」となって、

実を食べるものと言う分類の仕方もあるようです。

スイカ メロン 果物 野菜

これで言うと、スイカやメロンは、

「畑で採れる野菜」かつ、

「咲いた花が、結実して「実」となって、実を食べる果物」、

の両方に分類されます。

花が咲き、結実して見になる物は、他にも、マメ科の物や、ウリ科の物、

ナスやトマトも含まれてしまいます。

なのでこの分け方は現実的ではないと思います。

また、

野菜は「田畑で育つもの」

果物は「樹木に成るもの」等の説もあるようです。

 

 食文化にかかわる分類方法

スイカやメロン、イチゴなどは、

栽培方法が定義上の果樹ではなく野菜に該当するため、

分類上は「野菜」ということになっています。

農林水産省の生産出荷統計上では、

このように野菜とされるもののうち果実的な利用をするものを

「果実的野菜」として、さらに分類しているのです。

キュウリ、ナス、トマトは、農林水産省では「果菜」に分類され、

果実を食用とする野菜と定義しています。

植物学上や生産上の分類では、「野菜」とされているメロン、スイカ、イチゴですが、

総務省の家計調査や流通の場では、

実際の消費形態に合わせて「果物」として扱われています。

また、トマトも国によって、野菜だったり果物だったりするようです。

分類の判断は、その作物がどのように消費されるのかといった

食文化にも関わりがありそうですね。

野菜か果物かの定義は、国によっても異なるようです。

 

 アメリカではナスもトマトも果実?

アメリカでは、調理科学の権威ハロルド・マギー氏による

「植物学的には種子を取り巻く部分を果実といい、キュウリやナス、トマトは果実である」

との見解が一般的とか。

とはいえ、実際に食卓にのぼる時は野菜として消費されていることから、

あくまでも植物学上でのことです。

日本でメロンやスイカが生産時には野菜に分類されても、

店頭では果物のコーナーで販売され消費されていることと共通しますね。

植物としての特性から見ると「野菜」、

生産出荷時には「果実的野菜」、

市場やスーパーでは「果物」と変化するメロンやスイカたち。

野菜か果物かの分類や定義は、その場の必要性に応じて決められているのですね。

 

 

スポンサーリンク

食卓に上がる形態で違う分け方。

 

整理すると、メロンやスイカ、イチゴは、学問的には「野菜」、

実際の生活感覚では「果物」ということになります。

つまり、とらえ方によってどちらにもなり得るということなのですね。

また、おかずの一種として食べるものが野菜であり、

デザートやおやつとして食べるのが果物とする分類方法もあるようです。

また、とある方は「生のまま病院のお見舞いに持っていけるのが果物」

「そうでない(調理して持っていく)ものが野菜」という、

独自の解釈をされている方もいるようです。

果物か野菜か、の定義には、

どのようにして食卓に上がるのか、という事が深くかかわっているようですね。

余談ではありますが、

農林水産省の定義では「野菜」。

出荷時には「果実的野菜」と扱われているいちご。

野菜の定義は「1年で収穫する草本植物」。

実はいちご、収穫後にランナーと呼ばれる蔓から根が定着し、

そこにまた新しい果実が実るのです。

最初に収穫した株は、翌年も花を咲かせ、実がなり、収穫できるのです。

野菜の要素一個もないじゃーん。と言いたくなってしまいますね。

逆にアスパラガス。

アスパラは多年生草本植物。

植えたその年には実はなりません。

けれどアスパラはどこをどう見ても野菜。

そこで、わたし的野菜・果物の分類方法。

「食事の際に食べるのが野菜、

食後のデザートや、おやつとして食べる甘い・または酸っぱい食べ物が果物」

という分類が、もっともしっくりくるような気がしますがいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

今日のヒメちー

 

これはあれですね、

ヒメは動物たちと一緒に暮らしていない人にとっては「ペット」、

一緒に暮らしている人にとっては「家族」のような問題ですね。

スイカ メロン 果物 野菜

ふっ

スイカ メロン 果物 野菜

ヒメちー、なんだかとっても深い事言うじゃない。

でもねーせっかくいい事言っても、

後ろのテレビが気になっちゃって、

ちっとも頭に入ってこないわ。

スイカ メロン 果物 野菜

では再び、ドヤ。

スイカ メロン 果物 野菜

あんまり変わらないかなー。

スイカ メロン 果物 野菜

まあ結局のところ、果物でも野菜でも、美味しければいいのだ。

そして、ペットでも家族でも

そんなのどうでもいいよー、というくらい、

ヒメちーは可愛いってことで。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ読者登録お願いします。
ヒメとまいにち - にほんブログ村
スポンサーリンク
雑学 雑記 雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒメとまいにち

コメント

タイトルとURLをコピーしました