市販のプリーツマスクを使って立体マスクを作ってみた。 | ヒメとまいにち
スポンサーリンク

市販のプリーツマスクを使って立体マスクを作ってみた。

このエントリーをはてなブックマークに追加  ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

手作りマスク第3弾

昨日のマスクの記事を踏まえて

また新しいタイプのマスクを作ってもらった。

市販の不織布マスクを使った改良マスク

市販の不織布マスクを解体して、ガーゼと合わせた立体マスク。

市販のマスクは二枚使っちゃうから経済的じゃないかもしれないけれど、

快適とウイルスシャットの両方を求めたら、こうなりました。

市販のマスクを使った改良マスク

市販のマスクのプリーツ側を切り落として、

アイロンをかけてプリーツを伸ばす。

アイロンは絶対に低温で、当て布をしてくださいね。

市販のマスクを使った改良マスク

で、真ん中の縫い合わせも右倒しと左倒しにして、

隙間を作らない。

市販のマスクを使った改良マスク

市販のマスクを使った改良マスク

マスクの値段もかなり落ち着いてきていて、

一枚当たり20円しないものも出回り始めました。

例えばここのだと一枚当たり13.6円。


高機能3層フィルター採用Every Msak 50枚入 ウィルス対策 プリーツ プリーツマスク 大人用 使い捨てマスク 衛生マスク 立体3層不織布 高密度フィルター ノーズワイヤー

なので制作費用は二枚使ってもかなり安い。

真ん中にノーズワイヤーの入っていないものを使います。

一回目の自作マスク。

あ、自作って言ってもわたしじゃなくてままちゃんがね。

布製の立体マスク

布と布の間に不織布を挟んだもの。

すごく付け心地はいいんだけれど、

布だから通気性が悪くって。

冬になったらまた使うかも。

布製の立体マスク

二回目の自作マスク。

不織布の立体マスク

不織布と言っても、普通の、マスク用の用途のものではないから

なんとなくウイルスとか予防する効果がなくって心配。

不織布の立体マスク

アベノマスクと言えば、

世帯の人数にかかわらず、一律二枚、

そしてウイルス予防効果はなく、さらに小さいと悪評だったもの。

アベノマスクじゃ足りない

まだ全世帯に行き渡っていないらしいことを、ネットのつぶやきで見るけれど、

返品されたものもあって、

希望した事業所には追加でもらえるらしい。

で、ぱぱちゃんが会社でもらってきた。

アベノマスク

縫い目できれいにほどくとこういう一枚のガーゼになります。

もちろんゴムも再利用。

アベノマスクを解体したもの

ワイヤーも、ビニタイを使っていたけれど、

ほどいた不織布マスクに入っていたものを取りだして使います。

アベノマスクを解体したもの

本当は昨日の記事に書くつもりだったのだけれど、長くなりすぎちゃったから分割。

二日続けてマスク記事でごめんなさいね。

スポンサーリンク

変なところで寝る猫

玄関のほうに出る扉を閉められちゃったからか

椅子の下で寝るヒメちー。

椅子の下で寝る猫

確かにここはエアコンの風が当たらないけれど…

椅子の下で寝る猫

あ、撮ってることに気づかれた!

椅子の下で寝る猫

椅子の下で寝る猫

スポンサーリンク

舟和の芋ようかん

ままちゃんが生協で頼んだもの。

舟和の普通の芋ようかんってすごく美味しいじゃないですか。

こういうの。

舟和の芋ようかん

公式HPよりお借りしました

ちょっと高いけれど大好物。

なのに写真を撮った事がないらしくって、公式よりお借りしました。

で、そういうわけで期待大。

…なんか、悪い意味でようかんだった。

ゼリー?

何とも言えない食感で、芋の風味は薄くとても甘い。

舟和の芋ようかん

残念!

このエントリーをはてなブックマークに追加  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました