飼い主がもしコロナにかかったら…心強いサービスが登場 | ヒメとまいにち
スポンサーリンク

飼い主がもしコロナにかかったら…心強いサービスが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加  ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

動物も発症する新型コロナウイルス

新型コロナウイルスは人から動物へは感染しないという

WHOの見解が発表されていましたが、

最近になりそれを覆すような事例が世界各国から報告されました。

コロナにかかった虎

ニューヨークの動物園で虎とライオンが

新型コロナウイルスに感染している事が解りました。

動物園によれば、トラやライオンは食欲が多少減退しているものの、

それを除けば元気な様子で、獣医師の手当てを受けて

意識もはっきりしており、飼育係にも反応しているという。

「新型の感染症に対する反応は種によって異なることから、

大型ネコ類たちの症状がどう進行するのかは分からない。

だが我々は今後も注意深く観察を続け、完全回復を見込んでいる」と

動物園は説明しています。

ブロンクス動物園では飼育係1人の無症状感染が確認されており、

この飼育係から動物たちに感染したと同動物園は見ています。

様々な情報が錯綜し、もう何を信じたら良いのかもわからない…

と言う声を聞きますが、情報は常に更新しています。

正式発表が常に最新の情報とは限りません。

昨日になって厚生労働省が、

密接な空間にさらされた人はそうでない人に比べて二倍の感染リスクが高まる。

と、発表しましたが、そんなのみんなもう知ってる。

耳を閉じてしまわずに、誤情報に振り回されたりせずに、

正しく情報を更新しましょう。

スポンサーリンク

もしも飼い主が新型コロナに感染したら…?

わたしが今一番心配しているのは、

もしも、家族全員が新型コロナに感染したら、と言うこと。

もしももしも全員重傷で、入院なんてことになったら

ヒメちーはどうなるの?

動物病院って預かってくれるのかしら?

調べたら、ペット保険を扱っている

アニコムホールディング株式会社でこんなサービスが!

アニコムホールディングス

コロナにかかった時のペットの預かり先

コロナにかかった時のペットの預け先

ご希望される飼い主さまの数や、地域、状況によって規模を拡大してまいります。お申し込みは、以下のURLからお願いいたします。

#StayAnicom|ペットお預かり希望者用フォーム
https://service.anicom.co.jp/form/pub/anicompr/stayanicom

※本人またはご家族がコロナウイルスに感染している方のみお申込みいただけます。
※本プロジェクトに関するお電話でのお問い合わせは、受付けておりません。上記URLからお申し込みください。

 

<SNSでの拡散にご協力ください>
本プロジェクトの声を、感染してしまって本当にお困りの方に一刻も早く届けるべく「#stayanicom」をつけて、シェアをお願いします。アニコムでは以下のSNSで、情報発信しておりますので、拡散にご協力いただければ幸いです。

ちょっとだけ安心。

もちろん、コロナにかからないのが一番だけれど。

アニコムホールディング株式会社では、

預かったペットのPCR検査も行っています。

東京獣医師会では、万が一預けなければならない時に、

どのようにしたらいいのかを公開しています。

コロナ 猫

飼い主がコロナにかかったら

飼い主がコロナにかかったら

飼い主がコロナにかかったらペットはどうする?

飼い主がコロナにかかったら

飼い主がコロナにかかったらペットはどうする?

飼い主がコロナにかかったらペットはどうする?

飼い主がコロナにかかったらペットはどうする?

飼い主がコロナにかかったら・東京獣医師会

飼い主がコロナにかかったら?東京獣医師会

飼い主がコロナにかかったらペットはどうする?東京獣医師会

…知らないうちに、ワンちゃん2匹、猫ちゃん二匹も感染してたのね。

ベルギーの猫ちゃんのは知っていたし、

香港のワンちゃんのうちの一例は誤情報だ、と報道されていたけれど、

それとは違う子なんだろうか…

スポンサーリンク

ヒメちーと我が家の場合

ヒメちーは動物病院は嫌いです

コロナにかからないように、頑張ってね。

ウチのヒメちーは動物病院に預けると、ご飯をまるっきり食べない。

過去に、法事とかで2回預けたことがあるけれど、

どっちも預けた病院から電話がかかってきている。

「水もご飯も一回も口にしていないのですが、もう一日待って口にしないようなら

点滴で水分と栄養を取る処置をします。」って。

ままちゃんはコロナにかかっても何が何でも入院しない、って言い張ってるけれど、

うちで一番重症化リスクがあるのはままちゃん。

5年生存率を、まだクリアしていないし、

腹膜浸潤があったから腹膜と横隔膜をごっそり取ってる。

咳は大敵。普段でもちょっと咳をするだけですごく大変そう。

ままちゃんだけでなく、わたしたち家族だけではなく、

これ以上コロナに感染する人が出ませんように。

このエントリーをはてなブックマークに追加  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. ほんとに…もうこれ以上拡がらないで欲しいです。。。
    猫にも感染するってきいてから、前の家の地域猫たちが気がかりで・・・
    彼は家には閉じ込められないので(近所の人が一時家で飼おうとしたけど、自由を知ってる子たちだったのでダメだったのです)、通りすがりの人に何かされたりしてないかとか、めちゃくちゃ心配で・・・元気にしていると思いたいです(;;)

    • 猫はほとんどの場合無症状だといわれています。
      でも、飼い主がいない猫の統計はとれませんものね…心配ですね。
      うちも同じです。ヒメを迎える前に、よくなついてくれる地域ネコを飼おうか、という話になったんですが、
      飼う以上外には出せないし、それに、お互い耐えられるかどうか…
      一度自由を知ってしまった子は難しいですものね。
      何事もなく過ごしているよう祈るしかないです。

タイトルとURLをコピーしました