クロスボウ所持、用途限定し許可制に…改正銃刀法が成立 | ヒメとまいにち
スポンサーリンク

クロスボウ所持、用途限定し許可制に…改正銃刀法が成立

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

クロスボウ(ボウガン)の所持を許可制とする

クロスボウ(ボウガン)の所持を許可制とする改正銃刀法が8日、

衆院本会議で可決、成立した。

来年3月までに施行される。

改正法は、クロスボウの所持を都道府県公安委員会の許可制とし、

用途はスポーツや動物麻酔などに限定。

不法に所持した場合は3年以下の懲役か50万円以下の罰金を科す。

すでに所持している人も、施行日から半年以内に許可を取るか、廃棄しなければならない。

「18歳未満」や「禁錮以上の刑の執行を終えてから5年を経過していない者」

などについては所持を認めない。

許可期間は3年で、更新制とし、

許可のたびに正しい使用法に関する講習の受講が必要となる。

販売業者についても、都道府県公安委員会への届け出制とする。

販売時には購入者の所持許可証の確認を義務づけ、

確認を怠った場合は6月以下の懲役か20万円以下の罰金を科す。

 

 

スポンサーリンク

ボウガンが日本で初めて注目された矢ガモ事件

ボウガンとみられる矢で射られた、

通称『矢ガモ』が最初に発見されたのは実にわたしが生まれる前、

1993年1月22日の事。

東京都の石神井川で発見された、

矢が刺さったままの姿で石神井川や不忍池を行き来したカモ。

矢ガモ当時の映像

NHK 1993年当時の矢ガモの映像

翌月の2月12日に上野動物園で保護され、

矢を摘出された状態で池に放された。

矢の刺さったままで生き続ける姿が痛々しいとして話題を呼び、

動物愛護の象徴ともいわれ、多くのメディアで話題に昇ったそうだ。

矢が刺さったままのカモの姿よりも、保護されるまで見物人が急増したことや、

報道の過熱ぶりが問題視されたことで、日本では社会問題にまで発展した

当時、警視庁はこの事件について、

狩猟鳥獣47種以外の捕獲を禁止する

「鳥獣保護及び狩猟に関する法律」(鳥獣保護法)違反容疑で捜査を進めた。

オナガガモは狩猟鳥であり、

狩猟許可地域で散弾が撃ち込まれても違法ではないが

警視庁は、狩猟禁止地域で使用禁止のクロスボウを使っていることから

同法を適用できるとした。

けれども犯人は捕まることはなかった。

当時の罰則は「1年以下の懲役または50万円以下の罰金刑」であった。

 

 相次ぐボウガンでの殺傷事件

ボウガンの矢で射られたと思われる動物の事件。

警察庁によると、2010年1月~20年6月に

全国の警察がボーガンの使用などに関連して検挙した事件は、

殺人など人に危害を加える事案が13件。

脅迫や器物損壊などが10件で、

動物を殺害するなどの動物愛護法違反や

軽犯罪法違反などが9件だった、とされているけれど、

ニュースになっていなくっても、きっともっと数はあるはず。

 

 

 

矢ガモが発見されてから28年。

対ヒトでなければ動かない警察にも、国にも、

いろんな感情が残るけれど、

罰金刑の金額は変わらないけど、

懲役の年数が増えたこと、所持に関する規制が強化されたことは、

大きく評価されるべきことだと思う。

これ以上、小さい命が狙われることがありませんように。

 

 

スポンサーリンク

激おこヒメちー

これはいいニュースですね、

おちおちと寝てはいられません

クロスボウ所持、用途限定し許可制に…改正銃刀法が成立

クロスボウ所持、用途限定し許可制に…改正銃刀法が成立

ほっそい注射針での注射だって痛いのに、

あんなに太いクロスボウの矢は想像を絶する痛みです。

クロスボウ所持、用途限定し許可制に…改正銃刀法が成立

うがー!

クロスボウ所持、用途限定し許可制に…改正銃刀法が成立

クロスボウ所持、用途限定し許可制に…改正銃刀法が成立

本当だ。

犬や猫が打つ、ワクチン注射の注射針の太さは外径0.5mm程度。

対してクロスボウ、ボウガンの矢は7.6mmから8.8mm。

その太さは注射針の比にはならない。

物騒だけれど、小さい命に向けて、ボウガンの矢を放ったやつには、

同じだけの等倍した太さの矢を打ち込んでやりたい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました