【ことわざ・猫が顔を洗うと雨が降る】猫が顔を洗うのにはわけがある | ヒメとまいにち
スポンサーリンク

【ことわざ・猫が顔を洗うと雨が降る】猫が顔を洗うのにはわけがある

 

スポンサーリンク

ことわざ「猫が顔を洗うと雨が降る」

「猫が顔を洗うと雨が降る」という言葉を聞いたことはありませんか?

猫の仕草とお天気の関係は古くから言い伝えられてきたようで、

明治43年に出版された猫研究書である『猫』(石田孫太郎著)の中では、

「猫顔を拭ふてその手耳を越せば降雨」

「猫顔を拭ふてその手耳を越さねば晴天」

「猫の子、青草を噛めば降雨」

などが紹介されています。

また『日本俗信辞典』の中では「猫の洗面と晴雨」として

「猫の手水は雨(筑前地方)」

「猫が背中から頭を撫で下ろせば長雨(沖縄・竹富島)」

「猫が口元だけ洗うときは雨(岐阜)」

など、地方によって違う数々の俗信が紹介されています。

ヒメちーも積極的に顔を洗います。

明日は雨の予報だものねー。

顔を洗う猫の画像

顔を洗う猫の画像

顔を洗う猫の画像

顔を洗う猫の画像

顔を洗う猫の画像

顔を洗う猫の画像

顔を洗う猫の画像

顔を洗う猫の画像

顔を洗う猫の画像

いつものようにお手手が美味しいだけかもしれませんが、

この「猫が顔を洗うこと」と「雨が降る」の関係については、

科学的にも因果関係が検証されているようです。

 科学的に立証されている猫の顔洗い

前提として、雨が降る前には、空気中の湿気が多くなります。

1.湿気が多くなると猫の顔についたノミが活発に動き出して顔がかゆくなるため、
顔をよくこするようになります。
2.猫のヒゲは、湿気を感じる「センサー」のような役割をしていて、
低気圧が近づくと空気中の湿気が多くなり、
ヒゲの表面に水分が付着して重たくなり、ヒゲの“ハリ”が失われる。
そこで猫はヒゲのハリを取り戻すため、顔をこすってヒゲの手入れをしているのです。

2はね、すごくよくわかるんだけれど、

人の髪の毛も湿気が多いと、まとまらなくなったりするでしょ。

そういう事だと思うんだけれど、

1は、少なくとも家飼いの猫には、無いと思うのよね…

ヒ、ヒメちー、もしかして、ノミ…

ヒメちー
ヒメちー

ノミなんていないもん。

このような理由から、猫が顔をこすって洗っているときは、

湿気が多く雨が降りそうなお天気だということになったようです。

また、

・飛行機雲が長く残ると雨が降る

・遠くの音が良く聞こえれば雨。

・太陽の回りに、光環の現れるのは雨の兆し。

・ツバメが低く飛ぶと雨が近い。

・月が赤いと天気が変わる。

などとも言われているようですね。

 顔を洗うもう一つの意味

どれも湿気であったり、厚く雲が張るために起こる現象ですが、

猫って、顔を洗うのが好きな子は、

毎日のように、顔を洗うしぐさってしますよね?

ヒメはあんまりグルーミングが得意じゃないからしないけれど。

猫が顔を洗うしぐさはグルーミングと言って、

リラックスしたい時に焼き分を変えたい時にも行われます。

ヒメちーの場合で言うと、顔はめったに洗わない。

そして草は毎日食べる。

ヒメちーはちょっと当てはまらないけれど、

みなさんのお宅の猫ちゃんはいかがですか?

 

スポンサーリンク

週末じゃないクッキング

久しぶりに夕飯作り。

大根おろしハンバーグ。

ポン酢をかけて食べます。

さっぱり美味しーい

大根おろしハンバーグ

正解はわからないけれど、うちではスパニッシュオムレツと呼んでいるもの。

スパニッシュオムレツ

揚げたジャガイモ、玉ねぎ、ホウレンソウ、ベーコン、チーズが入っています。

これねー、超好き。

スパニッシュオムレツ断面

今日(火曜日)は好天でしたが、

明日(水曜日)は天気が崩れるとの事。

ねぇやんが料理をすると雨が降る、って言われないようにしなくっちゃー!

このエントリーをはてなブックマークに追加  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました