ペットレスキューを考える | ヒメとまいにち
スポンサーリンク

ペットレスキューを考える

先日、ブログサークルで仲良くしていただいている
ultramomさんのブログ  あすなろタロー ただいま修行中
「ウォレットカードを活用しよう 」の記事を読んで
前々から時折家族で話題になる話に近いものがあって
気になって調べてみた
ultramomさんはカナダ在住で
ジャーマンシェパードのタローちゃんと暮らしている方

いつももやもやしているわたしの脳みそに
真理を解いて活を入れてくださる素敵なママさんです

カナダでの「ウォレットカード」というのは
日本でいう携帯会社が提供しているカード決済の事ではなく
RAPSという動物保護団体が、万が一の非常事態が起き
飼い主が家に帰れない事態が発生した時
家に取り残されたペットを保護してくれるというもの
カナダではもちろん無償
免許証など、身分証明書と一緒に携帯しておくことで
警察や消防が確認しやすくなる
で、RAPS動物保護団体に連絡がいく

なんて素晴らしいシステム!

日本には残念ながらこういったサービスはない
ググっても
こういったカードの販売のページばかり
このステッカーを玄関の目立つところに貼っておいて、
大規模自然災害時にレスキューを頼むというもの
大手ペット保険でも加入時に、こういうステッカーをくれるらしい

キャプチャ16

キャプチャ15

ウチのニーズとはちょっと違う
もちろん、災害時にペットレスキューが入った時にはとても有効
このステッカーがあることで迅速にレスキューされる命もあるのだろうけど

わたしたち家族がいま望んでいる形は
カナダのRAPSという保護団体の行っているそれに近い

自然災害時にはそれなりに備えてはいるけれど
家族で外出中に事故に遭い、全員意識不明か
それより悪い状態になった時
家に残されたヒメちーはどうなるのだろう

最悪、親戚の誰かが「家の後処理」に訪れるまで
レスキューも発見もされない
…そんなのいやだ

家族全員では出掛けない?
必ず誰かが家にいる?
それはかなり無理がある
先日も家族全員でお通夜、お葬式に車で出かけた
いつも不測の事態に備えて
外出時にはご飯をたっぷり置いておく
…たいてい食べてないけれど…
翌日くらいまでならなんとかなるだろう
じゃあ、翌々日は?

ググってる時にこんな団体を見つけた

特定非営利活動法人 防災総合ペット育成協会          
キャプチャ17

もしも…外出先で飼い主さん自身がケガや病気などで

ブロトピ:ブログ更新のお知らせ
ブロトピ:ブログ見てね
ブロトピ:ブログ更新しました!♡今日の愛猫日記♡
http://cat.blogmura.com/rpc/trackback/64536/q975ph47lmam
https://blogcircle.jp/commu/9/topic/1
ブロトピ:目指せ!ホットエントリー!!みんなの記事
ブロトピ:更新しました

コメント

タイトルとURLをコピーしました