「環境問題は基本的に富裕層の道楽」とか言っちゃう心の貧しい人。 | ヒメとまいにち

「環境問題は基本的に富裕層の道楽」とか言っちゃう心の貧しい人。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

環境問題を訴える事は悪か。

 

わたしのブログは雑記ブログです。

猫ブログだったはずなのだけれど、

猫のこと以外にも、書きたい事がいろいろと出てきて、

気の向くまま、思うままに書いているうちに

立派な「誰の役にも立たない」雑記ブログになってしまいました。

誰かに頼まれてブログを書いているわけではないし、

書くも書かないもわたしの自由。

もちろん書く内容も。

そう言うスタンスでやっています。

趣味だけれど、全世界公開。

ただし、人さまの迷惑にならないように。

それはヒメちーの事であったり、

食べた美味しいものであったり、

見たテレビの事であったり、

自分の興味関心のあることだったり。

究極の雑記ブログ、それでいいと思っています。

 

 

スポンサーリンク

「環境問題は基本的に富裕層の道楽」なのか

 

わたしが好きな事を好きなように書くのと同じように、

どなたか他の方だって好きな事をご自分の好きなように書いたっていいと思います。

自分の考えとは違う、納得のいかない記事を読んだって

反論は心の中でし、スルーを基本としています。

引用はせずとも、いちいち人の書いた記事にかぶせて

人の記事を否定する人って何だろうね。

この記事を書いた時に、

 

動物愛護を口にする人は行き過ぎた捕鯨団体と同じ思想だと書かれ、

 

この記事を書いた後には、

「環境問題は基本的に富裕層の道楽」だと書く。

 

その方の記事から勝手に引用。

人間はすぐに自然を支配したがりますが、人間が自然を支配下に置くって考え方自体傲岸不遜であろうと感じます。
不自然で、無理があるのです。
環境保護なんてことを声高に叫ぶ人々も「人間って地球で一番偉いんだぜぇ!!」的な世界観の中に住まわれているのだろうと推察します。
じゃあなければ、「人間が地球サイズの環境保護っていう時空を超えた『身の程知らずなこと』が出来る!」とは考えないでしょうから…

この方によると、環境保護は

「人が自然を支配したがってる」と言う事で

人は

「米を食いちらかしながら、同時に米の環境をドヤ顔で考えてるコクゾウ虫」

なのだそうです。

道楽で結構じゃないですか。

貧しい国に生まれ、日々カツカツの中で生きて、

とても環境に配慮した生活なんてできない。

日々生きるのが精いっぱい。

そう言う人たちがいるから、

そうでない人が環境の問題に関心を持つことが何がいけないのかわからない。

 

 環境保護は未来への貯金

かつて、現在の先進国と呼ばれる国々は、

石炭をバンバン燃やし大気を汚染させ、

汚れた廃水を川や海に流し、

それでも自分の足元だけはクリーンだ、と言い張った。

地球が汚れに汚れ、ようやっと、このままではいけないと気付き、

環境の保護に乗り出す。

確かにこれは富める国が、保護を訴えていると言う図式。

地球環境をさんざん悪化させ発展してきた国が、

これから発展させようとしていう国に、

地球を汚すんじゃない。と言うのはどうかと思う。

その押し付けは強引だ。

けれど、それは、自分たちがやってしまったことに対する反省から

これをやってはいけないと言う事を学習し、

これから汚そうとしている国に注意勧告をしているのだと思う。

同じ事をやっていては、また悪化の一途だと。

人だけでなく、動物たちだって、

過去の失敗を繰り返さないように生きているのではないかな。

これは危険だ。

この植物は食べてはいけない。

この場所は安全ではない。

そうやって後世に伝え、生きてきたのじゃないかな。

「環境問題は金持ちの道楽」。

道楽かどうかはわからないけれど、

100人の人がいて、その100人が破壊しかしなかったら、

あっという間に壊れてしまう。

90人が破壊しても、残りの10人が創造すれば

全破壊は免れるかもしれない。

と同時に90人に破壊するだけではいけない。と教えるのは

おごりではなく先人の知恵の授けだと思う。

何の解決策も提示することなく、

ただこうなんじゃないでしょうかねえ、と言う

多分あなたが一番、

「コメを食い散らかしてるだけのコクゾウムシ」なのだと思います。

ご自分さえ良ければすべてよし、の人が、

その手でヒーリングとかちゃんちゃらおかしい。

あなたの手からは増悪しか出て来ない。

 

え?お前も充分人を否定してるじゃないか、って?

わたし、売られた喧嘩は買う主義です。

それでも日々、我慢に我慢を重ねてたのよー。

刺していいのは刺される覚悟のあるやつだけだ。

批判したいのならばどうぞ、わたしのブログを引用してください。

しないのは、逃げ道を作って置くためでしょ。

「同調できないものは基本スルー」

の基本に乗っ取って、

わたしはあなたをスルーします。

どうぞお好きなだけ、すべてを否定するつまらない人生を送ってください。

 

 

スポンサーリンク

今日のヒメちー

 

ねぇやんが激おこぷんぷん丸です。

猫 画像

こう言う時、癒してあげるのもヒメのお仕事なのですが…。

どうすればいいのか思いつきません。

とりあえず、洗濯物の上に乗ってみます。

猫 画像

これでダイジョウブでしょうか…ドキドキ…。

猫 画像

猫 画像

え?お袖掛けてくれるんですか?

ありがとうございます。

猫 画像

猫 画像

これでは逆にヒメが癒されてしまいます。

猫 画像

ま、いっか。

猫 画像

十分癒されたわ、ヒメちーありがとう。

こういう事でイラッとするわたしって、

もしかしたらブログに向いてないのかもしれないね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ読者登録お願いします。
ヒメとまいにち - にほんブログ村
スポンサーリンク
雑記 雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒメとまいにち

コメント

  1. 道楽も本気でやれば、立派な活動になる。
    そして、過去に失敗をした愚か者であるからこそ、その間違いに気づいてそれを正そうとすることができる。

    僕らはマイナス方向ではなく、ガッチリプラスの方向に向かって色々発信していかねばですな(^^♪

    • ありがとうございます(*´ω`*)
      人も、動物も、失敗からいろんなことを学んで進化していくと思うんです。
      自分さえ良ければいいと言うコメントもいただいたけれど…。
      学びがない所には進化はありません( ´∀`)bグッ!

タイトルとURLをコピーしました